ヤマイチのこだわり

旨みを極める

日本料理の基本となる だし
  駿河湾の神秘の恵みをうけた 桜海老

 ヤマイチは、明治32年より一世紀以上にわたりこの蒲原の地で、桜えび・鰹削り節を製造加工しております。

 創業当時は、旬の魚のみを製造して販売しており、ある意味本当に贅沢なことでした。
しかしながら、近年の漁業の技術の進歩や食文化の変化に伴い、安定した原料の買付、製品の多様化など、お客様のニーズに合わせると共に、前浜の原料に頼るだけでは困難な状況になってまいりました。
そのため、常に一定の品質を保ちより良い商品づくりや、商品開発のため、技術や設備も業界の先駆者として常々努力を続けております。

その中で、一貫して昔から変わらないものは、原料の質にこだわり、目利きであること、製造にかける情熱なのです。

先代から受継がれたヤマイチのこだわりを守り、ぶれない商品つくりを心掛けていくことが、継承した者の使命だと考えております。

                 代表取締役  高柳 昌彦